ダイの大冒険の新作アニメ1話の感想。CG作画とOPで評価が分かれそう

2020年10月。ついにダイの大冒険が新作アニメとして蘇りました。

さっそく1話を視聴した感想や気になったところ、ぶっちゃけ面白いかつまらないか?などについて書いていきたいと思います。

個人的に、OPやEDなどの主題歌と、CGをフル活用した現代風の作画が、今後どのように作品を盛り上げていくのか?が懸念材料であり楽しみでもあります。。

関連記事↓

ダイの大冒険2話ネタバレ感想!戦闘シーンの神作画がすごい良い!

Sponsored Link

ダイの大冒険の新作アニメ1話の感想

 

ダイの大冒険といえば、私が少年時代に夢中になってテレビにかじりつきながら観ていたアニメの1つ。

もちろん週刊少年ジャンプでもリアルタイムで最終回まで読み続けた作品で、個人的に思い入れがあります。

そんなダイ大が新作アニメとして放送されるのですから、観ないわけがありません!

 

先日、満を持して放送された第1話・・・

軽くネタバレをすると、原作読み切りの「デルパ!イルイル!」の物語を一通りやってくれました。

そして番組後半のラストで、第2話の「ダイ爆発!!!」冒頭のシーンに繋いでレオナ姫と出会ってto be continued…といった感じ。

視聴中の率直な感想は「ななな、、懐っつかすうぃ〜〜!」でした。笑

デルムリン島で暮らす少年ダイと、仲間のモンスターたち。。ドラクエといえばモンスター、モンスターといえばこのワクワク感ですよね。やっぱいいなぁ。ゴメちゃんもかわいい!

 

ブラスじいちゃんが登場し声を聞いたとき、なぜか少し泣きそうになりました。

ブラス老の声優に緒方賢一さんを採用したのは名采配ですね。ちょっと名探偵コナンのアガサ博士がよぎりましたが。笑

 

新アニメのダイの声優である種﨑敦美さんの声もハマっています。

どうしても旧アニメをリアタイで視聴していた世代としては、藤田淑子さんと比べて違和感を感じてしまいますが、そこは思い出補正も大きいでしょうし、種﨑敦美さんver.のダイにはすぐに馴染めそうと好感触です。

 

また、ニセ勇者一行の配役も制作側の気合を感じられます。下野紘さん、日笠陽子さん、間宮康弘さん、岩崎ひろしさんという豪華キャスト!これはすでに名脇役の予感です・・・。

 

あとは主題歌ですねー。。

やっぱり旧作からのファンなので、個人的には「勇者よいそげ!!」の印象が強くて、

新アニメのOP(生きるをする/マカロニえんぴつ)に慣れるのにはもう少し時間がかかるかも・・・。

でも、アニメ主題歌って不思議なスルメ感がありますからね。気がついたときには「ダイ大といえばマカロニえんぴつ!」となっててもおかしくはないか。。

新アニメダイ大は面白いかつまらないか?

ダイの大冒険の新作アニメが、ぶっちゃけ面白いかつまらないか?というのはまだ現時点では判断できません。

第1話を観た感覚だと「懐かしいなぁ〜!」と思い出補正的にワクワクしたことと声優陣がバシッとはまっていたり豪華であること以外は、まだ何とも言えないかな。

この先、アバン先生やポップとの出会いがあり、マァムと仲間になり、クロコダインやヒュンケルと戦ったり共闘したり、、夢のような展開が目白押しですので、それを観てから判断することにします。

 

ただ、決してつまらなくはないです。まさかの打ち切りにでもならない限り、最後まで(文字通り)ダイの大冒険を見届けたいと思っています。

それにしても、、、後述しますが、正直なところ、CG多様な作画には違和感がありますね。

あと、キャッチーなOPとEDからドラゴンクエスト「らしさ」があまり感じられないのも、、慣れるかなこれ?

 

ドラゴンクエストって、なんとなく中世の西洋のくすんだ感じというか、ちょっとホコリを被ったアンティークのような味わい深さが個人的に好きで、

一方、今回の新作ダイ大からは全体的に「現代的な明るい」風合いがあるように思えるんですね。

そこがちょっと違和感。・・・とりあえず10話くらいまで慣れるかどうか様子見です(慣れなくても最終回まで観るけどw)。

ダイの大冒険の新アニメ、、作画の評価が分かれそう

先述したとおり、個人的に気になったのは作画です。

毎週土曜午前9時30分という、小さな子供でも観られる放送時間帯ゆえの配慮なのか、全体的に画面内が賑やかで色合いもビビットです。

ダイもブラスじいちゃんも、島のモンスターたちもとてもイキイキして見えて、それはいいんだけど、なんかCGのヌルッと感が違和感かなぁ。。。これはドラゴンボール超を観たときも思いましたが。

Sponsored Link

ただ、CGならではのスピード感はすごいです。ダイ&デルムリン勢VSニセ勇者一行の船上バトルは息を飲まされます。

これはあれだな、、アバン先生VSハドラーとか今から楽しみすぎてなりません。

 

作画の評価はやはり分かれそうではありますが、スタッフの技術の向上次第で一気に神作に化ける伸びしろも感じます。

まだダイはデルムリン島から出てもいないんだし、これからの壮大な冒険を期待することにします。

ダイの大冒険の新作アニメ1話の感想まとめ

賛否両論が起こってしまうのは、リメイクアニメの宿命だと思います。

古参ファンはやはり旧作と比べてしまうのが常ですし、私自身めんどくさい視聴者だと思います。汗

ただ、ダイ大の1話を観ている間の30分はあっという間でしたし、モンスター登場時や戦闘シーンのワクワク感は健在だし、何だかんだ楽しんで観ることができました。

ダイの大冒険を観ることが、これからの土曜日朝のルーティンになりそうです!

 


関連記事↓

ダイの大冒険2話ネタバレ感想!戦闘シーンの神作画がすごい良い!

ダイの大冒険のクロコダインを弱いと評価しないで!活躍も名言も多いのに

Sponsored Link