back numberバンド初心者が簡単コードで演奏できる曲は?

今回はback number(バックナンバー)をライブで演奏しようと悩んでいるあなたに、

簡単コードで演奏でき盛り上がるオススメの曲を選んでいきたいと思います。

 

しかも今回はバンドを組んでメンバーに初心者がいて、どの曲ならできるのか

わからないあなたに簡単コードも紹介しつつ書いていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

back numberをバンド初心者が簡単に演奏できる曲は?

 

バンドを組んで最初からオリジナルの曲をやるバンドはまずいないでしょう。

また難しい曲からあえて挑戦するバンドも、なかなかいないですね。

 

すると簡単な曲からはじめるのがセオリーですよね。

 

そこで今回はback numberの曲の中でも比較的簡単に演奏できる曲を紹介していきます。

 

1:「花束」

 

まず1曲目に紹介するのはback number「花束」です。

 

コード移行が少し細かいですが、曲のテンポも速くないですし、

ギターやベースの難しいソロなんかも無いので初心者にはオススメかと思います。

 

バンド始めたばかりの練習曲にも適してるんじゃないかと思います。

 

2:「ヒロイン」

 

次に紹介する曲は「ヒロイン」です。この曲もテンポもスローで、

かつコードも難しくないので、バンド初心者には演奏しやすいかと思います。

 

イントロ部分だけはカットして、ドラムのカウントで始めてもいいと思います。

 

back numberの曲はイントロにピアノ、ストリングを使う事が多いので、

その辺はカットして演奏をスタートしたほうが初心者にはオススメです。

 

3:「手紙」

 

back numberの中では「手紙」も割と簡単に演奏できるのではないかと思います。

 

初心者には少し見慣れないコードも出てきますが、怖がらずに練習すれば

弾ける範囲のコード進行になっています。

 

back numberの演奏しやすい、割と簡単な曲を3曲を挙げてきました。

 

back numberは恋愛ソングが多いので、テンポがスローな曲を選べば、

ピアノ問題を除けば、バンド始めたばかり、初心者には演奏しやすいと考えます。

 

back numberの曲をやさしいコードで演奏できる!?

 

Sponsored Link

上記でback numberの曲でコピーしやすく簡単に演奏出来る、

初心者にはわりと易しい曲を紹介していきました。

 

そこでさらにback numberの曲を簡単にするために、

初心者にやさしいコードを使って演奏する方法をピックアップしていきます。

 

まずは先ほど紹介した「ヒロイン」から紹介していきます。

 

 

動画を見てわかるように、「G」「C」「D」「Em7」など、

ギターなど初めて最初に弾くであろうコードばかり出てきます!!

 

「Cmaj7」「Dadd9」などコード名を見ただけでは一瞬躊躇するようなコードも、

実際はそんなに難しい抑え方ではないので比較的簡単に弾けると思います。

 

次にピックアップしていく曲はback number「ハッピーエンド」です。

実はこの曲を簡単に弾く為にはカポが必要になります。

カポを2フレットにセットしてしまえば簡単なコード進行で弾けます。

 

なぜなら主なコードは「C」「G」「Am7」「Em」「B7」だからです。

 

 

とこんな感じで簡単に弾けるコードになってます。

さらにback numberの人気の曲「高嶺の花子さん」や「SISTER」

といった曲のサビがこのコード進行なので、応用もできます。

 

どうでしょう!?初心者でも簡単なコードを覚えておけば、

back numberの人気曲をガンガン弾けちゃうんです。

 

 

back numberをライブや文化祭で演奏して盛り上がる曲は?

 

ここからは、back numberの曲をコピーし、ライブ、文化祭で演奏したら

盛り上がる曲を、書いていきたいと思います。

 

まずは「あとのまつり」という少し古いアルバムに収録されている曲で、

ライブのアンコールの定番曲の「そのドレスちょっと待った」という曲です。

 

 

イントロから疾走感があり曲的にも難しくはないです。

 

歌詞は元彼女が結婚してしまい祝福なのか、はたまた後悔なのか、

複雑な心境になっていますが、ライブで盛り上がる曲の定番ですね!

 

 

次にあげる曲は「大不正解」です。この曲はライブ一発目に、

演奏するとかなり盛り上がりますね!!

 

 

映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」の主題歌にもなって、

曲自体を知っている人も多いのでは。

 

キーボードのパートもありますが、全てギターでできるので、

文化祭でも演奏できる一曲になってます。

 

 

次にあげる曲は「高嶺の花子さん」ですね~!!

 

back numberの代表曲なので、盛り上がること間違いありません。

抑揚のあるメロディーに男子目線の歌詞がback numberらしい曲です。

 

ライブ中盤から後半に持ってくるといいかもしれないですね!!

 

あとは「スーパースターになったら」や「MOTTO」、

「SISTER」「003」なんかもライブで大盛りあがりの曲ですね。

 

ちなみに文化祭で演奏するなら、1曲目に大不正解、次に高嶺の花子さん、

最後にMOTTOみたいな感じで演奏したらいいかと筆者個人的にはオススメです。

 

今回の記事のまとめ。

 

今回はback numberの曲を初心者が簡単に演奏するオススメの曲を

紹介しつつ、簡単なコードで演奏できるようにコード紹介もしていきました。

 

back numberは基本的に歌詞重視で聴かせるタイプンの恋愛曲が多いです。

ギターやベースのソロが難しく演奏が大変とかはないので、比較的初心者にオススメです。

 

ライブや文化祭で演奏して盛り上がる曲もたくさんあるので、

是非コピーして演奏してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事↓

back numberのおススメの曲は?女子高生に人気の理由?

 

Sponsored Link