白ゆき姫殺人事件『映画版』の感想とネタバレを。

映画では『告白』『北のカナリア』、TVドラマでは『Nのために』『夜行観覧車』などの作品を生み出した人気作家、湊かなえ

長編サスペンスが映画化された『白ゆき姫殺人事件』

随分と豪華メンバーなキャストで映画化されましたが、湊かなえ作品のエグさが出ているか随分期待しながら作品を観ました。

今回はその『白ゆき姫殺人事件』感想ネタバレを書いていきます。

 

Sponsored Link

 

まずは『あらすじ』

 

国定公園の”しぐれ谷”で日の出化粧品の女性社員・三木典子(菜々緒)の遺体が発見された。
社内イチと言われる美女が何十箇所も刺された末に火をつけられるという悲惨な事件は、”白ゆき姫殺人事件”と呼ばれ、世間で大きく注目を集めるニュースとなる。

情報番組「カベミミッ!」のスタッフでツイッターが”話し相手”の赤星(綾野剛)は大学時代の仲間で日の出化粧品社員の里沙子(蓮佛美沙子)から突然の連絡を受ける。
里沙子によると、白ゆき姫殺人事件の犯人は典子の同期である城野美姫(井上真央)なのだという・・・。

 

金曜ロードショーHPより引用

 

 

過熱報道や噂、SNS、ネット炎上・・・そして『妬み』

 

どんな情報でもインターネット上で検索できてしまう現代。しかしその情報は本当に正しいものなのか?真実なのか?

と、現代社会問題を強調しつつ、今も昔も変わらぬ「女の嫉妬」も入りつつ。

親友だと言ってる人でも、SNS上で本名や艶っぽいことまでベラベラ書き込んでいたり、ただの同級生やその同級生のお母さんまでも主人公である「城野美姫」を不気味な女にしようとする。そしてまだ真実が明らかになっていない状態で城野美姫の父親はカメラの前で泣いて謝る。

自分の娘が犯人だと思ってしまったのだろうか。

この作品の中盤までは本当に『誰を信じればいいのか』『誰が本当のことを話しているのか』わからず、ずっと胸くそ悪い展開でした。

演技とは思えない、同級生女子二人の会話など、本当にドキュメンタリーを撮っているのではないかと思って観ていました。

 

Sponsored Link

 

 

感想とネタバレ

上記にも書きましたが、中盤までは「おっ!この胸くそ悪い展開嫌いじゃないぞ~!どんなオチがくるのか?そのまま井上真央ちゃん犯人か~?」

と、テンポよくストーリーがすすんでいきましたが、後半になるにつれ話がどんどん薄っぺらくなってきました。

まず、主人公の幼い頃のエピソードでの妄想CG。

辛いことがあると現実逃避してしまおうということなのでしょうが、それがなんとも「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のビョークかよ・・・と。

あ、歌って踊りはしませんでしたが(笑)

あと、この物語は悲劇のヒロイン「城野美姫」を中心に・・・かと思ったのですが、観てる側からの目線で主人公を選んで良いのかもしれませんね。

綾野剛さん演じるゲスでダメな「赤星雄治」目線でも物語は成り立ちますし、殆ど出てきませんでしたが、染谷将太さん演じる「長谷川」目線でも面白いかも。

また、生瀬勝久さん演じる司会者が「ミヤネ屋」感たっぷりで思わずクスッと笑ってしまいました。

 

ここから完全ネタバレですが、犯人である蓮佛美沙子さんが演じた「狩野里沙子」

彼女の犯行動機が、今までのストーリーでクローズアップしていた「妬み」ではなく「ストレスの発散」だったこと。

ただそれがエスカレートしただけ。

著者は原作を読んでいないのでもっと深い何かがあったのかもしれませんが、映画を観ているだけでの判断だと、石鹸を盗んだのもケーキを食べたのも

ボールペン盗んだのも、狩野里沙子の単なるストレス発散のため・・・。

深い動機がないからこそ、まだ不気味なのかもしれませんね。一番タチの悪いパターンかもしれません。

 

 

芹沢ブラザーズは実在していた!?

作中で城野美姫が、心の支えであった音楽『芹沢ブラザーズ』という、イケメンバンドが出てくるのですが(セリフなし)実在していました(笑)

「TSUKEMEN(ツケメン)」という名前のクラッシック系男性ユニットで2010年3月にメジャーデビュー。

tsukemen_akatsuki_sub

(画像引用元:www.tsukemen3.jp

 

原作者である湊かなえTSUKEMENのファンだったことから映画に出演することになったそうです。

名前も一時期『芹沢ブラザーズ』として活動していましたが、今は『TSUKEMEN』に戻しています。

 

 

 まとめ

『白ゆき姫殺人事件』を観て、単純に「過熱報道」「SNS」での書き込みは、人を死に追い詰めることができる

簡単な「殺人道具」であるな、とは思いました。

また、「美人」という生物が消滅しない限り「妬み」というのは消えないのでしょうかね・・。

著者は残念な顔立ちをしていますが上っ面な「美人」には嫉妬もしませんし、本当の「美人」には尊敬しかありません。

ホラー映画でよくあるパターンですが、美人ほど悲しい結末を辿るんですよ・・・。

 

【記事:ジョージ・A・ロメ子】

 

 

Sponsored Link