音鳴りどうし.biz

*

鬼束ちひろの『流星群』の歌詞ってどんな意味?

      2016/02/09

LINEで送る
Pocket

鬼束ちひろさんの曲の中でも人気の高い『流星群』という曲。
この曲の歌詞には、一体どういう意味が含まれているのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

 

 

鬼束ちひろさんと言えば、
その独特で退廃的ながらも、どこか暖かさに溢れる歌詞
非常に印象的なシンガーソングライターの1人ですよね。

そんな彼女の楽曲の中でも、ファンから根強い人気を誇るのが、
テレビ朝日系ドラマ『トリック2』の主題歌としても注目を集めた
『流星群』という楽曲。

鬼束さんがこの『流星群』の歌詞に込めた意味とは何なのでしょうか?

 

『(微熱っぽい)体温』というテーマ

鬼束さんはこの曲のテーマをずばり、
『(微熱っぽい)体温』というふうに語っています。

自分の醜さを認めながらも人との繋がりを無視しては生きていけないという歌詞で、楽曲のテーマは「(微熱っぽい)体温」。

(Wikipediaより)

 

wikiでそう語られているとおり、
この流星群という曲も、独特の鬼束節に溢れています。

精神的な病気を周囲から心配されることもしばしばで、
また、雑誌やテレビのインタビューなどでも、
情緒不安定さを感じてしまうような言動が目立つ鬼束さん。

そんな彼女の『病んでる』とさえファンから言われてしまう、
繊細で、あまりにも人間的な魅力が楽曲からは滲み出てくるのです。

 

Sponsored Link

 

『流星群』という楽曲の歌詞

 

愛する人への想いと、
同時に沸き上がってくる無力感。それらに板挟みにされ、
苛まれながらも、渇望せずにはいられない『私』

を見事に描写した歌詞に仕上がっています。

 

自分の醜さを認めながらも
人との繋がりを無視しては生きていけない。

この、あまりに脆く繊細な人間性が
鬼束ちひろというアーティストの持ち味なのですね。

 

『流星群』に込められた意味とは?

この『流星群』という曲は、
彼女がその一作前にリリースした『infection』とリンクしているそうです。

鬼束さんいわく、「出るべくして出た曲」ということで、
前作『infection』の歌詞で歌われていた、『爆破して飛び散った心の破片』

それが、『星になって降って来る』というのが
名曲、『流星群』という歌詞の核心部分になっているようです。

 

繊細で不安定、あまりにも人間的な鬼束さんのその純粋すぎる心は
さいごには、爆破して飛び散ることしか出来なかった。

そしてそれが幻想的な流星群となって、美しく降り注いでいる。

 

・・・なんというか、綺麗だとしかいいようのない表現ですね。

 

そこにあるのは、物悲しくも、はっきりと生きている『体温』そのもの。
代表曲である『月光』といい、鬼束さんのソングライディングには、
ただもう、息を飲まされるしかないようです。。。

 

 

Sponsored Link

 - J-POP , , ,

Message

  関連記事

バンプオブチキンの藤原基央は天才なんだと思う。

バンプオブチキンの『カウントダウンジャパン2015/2016』への参加が決定しま …

ラルク25周年!2016年、ライブやるよな・・・な??

日本が誇るモンスターバンド、L’Arc-en-Cielが今年2016 …

エレカシ宮本は30周年ライブでスピッツとミスチルの何の曲を歌う?

  エレカシ宮本は30周年アニバーサリーライブで、スピッツとミスチルの …

J-POPの歌詞にありがちなフレーズ一覧

J-POPの歌詞にありがちなフレーズを一覧にしてまとめてみました。   …

ゆずのアジアツアーが決定!海外の人気や反応は??

2016年の7月から行われる、ゆずのアジアツアーが決定しました!アジア圏をはじめ …

川本真琴の書く歌詞も曲も全てが天才過ぎる件。

川本真琴というミュージシャンはあまりに時代に先行していたような気がします。歌詞も …

布袋寅泰のギターテクニックは上手い?下手?特徴は?

布袋寅泰(ほていともやす)のギターテクニックは、 上手い?下手?演奏の特徴などを …

beats(ビーツ)ヘッドホンの音質や特徴ってどうなの?

最近人気が絶好調な、beats(ビーツ)のヘッドホンがオススメとされる理由は何な …

小田和正の『あの日あの時』を試聴した感想。

小田和正さんのベストアルバム、『あの日あの時』を試聴しながら(正確にはバッチリ買 …

2017年クリスマスに聴いてほしいマイナーソング。邦楽&洋楽。

  今年もあの季節がやってきました!! 街を歩いてもお店をプラプラして …

FX業者