残穢(ざんえ)の映画にお化け?不気味なものが映っていると話題に

『屍鬼』『十二国記』シリーズなど、ホラー、ミステリー、ファンタジーと、高い評価を得ている小野不由美

そして、彼女の小説で人気の高い『残穢(ざんえ)』竹内結子橋本愛出演で実写化されたのですが、その映画の予告編にお化けのような不気味なものが2箇所映っていると話題になっています・・・。

今回はその映像と、物語のあらすじをご紹介いたします。

 

 

Sponsored Link

『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋』とは

 

小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。

すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。

彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか…。「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、やがて、さらなる事件に巻き込まれていく…。

 

 

原作では実在する人物の名前などがでてきたり、作者である小野不由美が集めた読者の体験談なども取り入れているため、この物語は『実話とフィクションの間』と、ご本人が語っていたそうです。

 

Sponsored Link

 

それでは、映画予告編 問題の映像をご紹介・・・

と、映像をご紹介する前に・・・。

この映像のナレーションは、『おわかりいただけただろうか』のフレーズで有名な中村義洋『ほんとにあった!呪いのビデオ』のように紹介しています。

既に気付いている方もいるかと思いますが、そのナレーションを務めている中村義洋とは、今回紹介する映画『残穢(ざんえ)』-住んではいけない部屋 の監督なんです(笑)
(原作者の小野不由美は『ほんとにあった!呪いのビデオ』の熱狂的ファン)

 

映画宣伝のためのヤラセかと思っていたのですが、嘘偽りのない映像だそうです。

 

それでは、問題の映像をご覧いただこう・・・

 

 

 

おわかりいただけただろうか・・・。

 

撮影時は、車や通行人を止めていたそうなのであそこに人が映っているのはおかしいし、気付くとのこと。

でも今回は誰一人気付いていなかったそうなので、ますます不気味です。

この映りこんでしまった問題の映像は本編でも確認できるそうなので、劇場でご鑑賞の際は大きなスクリーンでじっくりと確認していただきたいです。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す