ラルクの歌詞に込められた意味とか解釈を語ろう

L’Arc〜en〜Cielの歌詞って意味深なものや「どう解釈すればいいんだ〜??」となるものが多いですよね?

この記事ではそんなラルクの歌詞に込められた意味とか解釈について都市伝説含め、つらつら書いていこうと思います。

 

Sponsored Link

 

 

larc1(画像引用元:http://chorokyu.cocolog-nifty.com/) 

 

2016年で結成25周年となるL’Arc〜en〜Ciel(ラルクアンシエル)。25周年記念のライブが開催されるのでしょうか?もしされるなら、どんなセトリや演出になるのか、今から楽しみです。

(そういえば筆者は2012年の777人ライブに当たって参戦したことがあります!・・・すみませんただの自慢です汗。)

そんな国民的ロックバンドL’Arc〜en〜Cielの、歌詞についての意味や解釈について調べてみました。

 

HONEY

 今にも病院で息を引き取ろうとしている男性が愛する『あなた』を道連れにしようとしている曲。

『HONEY』の解釈は正解の可能性が濃厚ですよね。
♪今も色褪せたその景色は真っ白な壁に飾ってある
なんだか切ないです・・・。

 

花葬

『HONEY』作中で亡くなった彼氏を彼女の視点から思い歌った曲。

 

侵食

「花葬」作中で登場した彼女が、彼氏を亡くしたショックで精神的に追いつめられていく・・・。

 

Driver’s high

戦時中の『特攻隊』という解釈が有名。

確かに歌詞のところどころに刹那的な印象が見受けられます。

 

forbidden lover

敵国同士の恋人がモチーフになっている可能性が高いとか・・・。

 

いばらの涙

ジャンヌダルクの最期

 

Anemone

キリストの処刑までのワンシーン

 

HEAVEN’S DRIVE

マスコミや心ないファンへの批判

 

静かの海で

月に忘れ去られたロボット

 

おまけ①ラルクの降り注いだ歌詞一覧

私に降り注ぐ
降りそそぐ罪
降り注ぐ光を浴び
降り注ぐ星に抱かれて
空は今にも降り注ぐような
降り注ぐ夜空が
降り注ぐ木漏れ日
降り注ぐ愛を
降り注ぐ星空のように
まっさらな太陽は誰にも降り注ぐ
沈んだ大地に降り注ぐ
降り注ぐ雨
あたたかな雨が降り注ぐ
あたたかな雪が降り注ぐ
君への輝きはいつまでも降り注いでいる
夢のように君を導く輝き

 

おまけ②ラルクの鮮やかな歌詞一覧

鮮やかな夢みる世界
鮮やかに I will bloom 咲いてる
鮮やかに彩られた君の声
鮮やかな季節
鮮やかな明日が動き出した
鮮やかに僕を照らしていたのに
鮮やかに彩られた窓の向こうに
鮮やかに失われる この意識だけを残して
鮮やかな風
鮮やかな記憶
鮮やかな幻想が弾けて
木もれ日の中で鮮やかに揺れてる
鮮やかな君が僕を奪う
無邪気な天使にも 朝は届く鮮やかに
蒼く揺らめく 鮮やかに
鮮やかな夕暮れ

 

おまけ③ラルクの彩る歌詞一覧

あざやかに彩られた窓の向こうに
彩られた記憶に寄せて
降りそそぐ罪に彩られた
どこまでも穏やかな色彩に彩られた
淡く彩られた笑い声に溢れている
それならひっそり彩り添えるよ
穏やかな輝きに彩られ

 

おまけ④ラルクの揺らめく歌詞一覧

揺らめく楽園まで失速しない待っちゃくれない
揺らめく輝きにあなたを感じていたのに
水面に揺らめくキレイな月が
揺らめく陽炎は夢の跡
蒼く揺らめく
陽炎は揺れる
太陽を浴びて 揺れる
揺れる波打ちぎわ
揺れる波紋は春の予感
揺れる時をわたって
風に揺れる波を見れば
揺れる枝葉の音
揺れる木漏れ日さえ映せないから

 

 

Sponsored Link

コメントを残す