音鳴りどうし.biz

*

beats(ビーツ)ヘッドホンの音質や特徴ってどうなの?

   

最近人気が絶好調な、beats(ビーツ)のヘッドホンがオススメとされる理由は何なのでしょうか?音質にはどんな特徴があるのか?とか、そんな記事です。

 

Sponsored Link

 

スクリーンショット 2016-01-07 02.13.56(画像引用:beats公式サイトより)

 

数年前からbeats(ビーツ)のヘッドホンやイヤホンを身につけて、お気に入りの音楽を楽しみながら街を歩く人をよく見かけるようになりました。

本場アメリカではもともと『ヘッドホン=beats』か?というくらい人気が高いヘッドホンでしたが、ここ数年で日本にもその波が浸透してきたように感じます。

 

ヘッドホン選びの心得について

最初のうちに書いておきたいことなのですが、よく『原音に忠実』だとか『味付けのないピュアなサウンド』などといったフレーズが飛び交う場面の多いオーディオ業界ですが、

『原音に限りなく近い音』を求めるなら、ヘッドホンに拘るよりもコンサートに行った方が手っ取り早いです。

あるいは低音も高音も比較的フラットに設定されている『モニター用ヘッドホン』のみに狙いを絞ってヘッドホン選びをするべき。

 

というのは、音源作成には『マスタリング』という最終作業をはじめ、原音を『良く聴こえる音(アーティストの意向どおりの音)』に加工する場面が多いです。CDが発売された時点で、すでに『原音』も何も無くなっていたりします。

また、『原音に忠実』とされるヘッドホンの音が、必ずしもあなたの好みにフィットする保証もありません。「刺身に醤油をかけない方が美味しい」って人もいれば、かけた方が刺身を味わえる人もいますよね?

 

『原音に忠実』って言葉が大正義であるかのように語られるようになって久しいですが、CDなど音源がリリースされたときにはすでに味付けされていることが多いですし、各音響メーカーが作るヘッドホンもそれぞれ個性的な音質的特徴を持っています。

ヘッドホン選びの際には『原音に忠実かどうか?』よりも、ただ単純に『自分好みの音か?』を基準に選んだ方が後悔なく音楽を楽しむ上でも得策でしょう。

 

Sponsored Link

 

beatsのヘッドホン、音質と特徴は?

さて、そんなわけでbeatsの味付けはどんななのか?というと、

beatsのヘッドホンの最大の特徴は、『バッキバキで図太い低音』にあると筆者は考えています。

 

そもそもbeatsはアメリカのDJであるドクター・ドレー(Dr.Dre)がプロデュースしたモデルが一番売れてきましたし、ヒップホップを聴くにはこの上なく味わい深い低音を堪能することができます。

高音については少し刺さる印象がありますが、そこも好み。筆者はbeatsの高音は好きです。ただし後述しますがクラシックやニューエイジ、ヒーリング系を聴くときはちとシンドイ。汗

 

ただ、音質については、(単純に『音質=良い音に聴こえるかどうか?』って意味だと)beatsのヘッドホンは高音質!で間違いないと思います。筆者もラウド系の音楽を流すときにはDr.Dreモデルを重宝しています。

 

 

beatsの音質が合う音楽と合わない音楽

前述したとおり、beatsのヘッドホンがどんなジャンルの音楽とも相性バツグンか?というと当然そうではありません。

各音楽ジャンルにもそれぞれ素材感みたいなものがありますし、各ヘッドホンメーカーにもそれぞれ違った味付けが施されていますので。

 

beatsのヘッドホンが合うジャンルはずばり下記のとおりです。

・ヒップホップ

・J-POPなどのポップミュージック

・ロック(とくに90年代以降)

・ラウド系、メタル系、ハードロック系

・ノイズ系、音響系、実験系

 

逆にbeatsのヘッドホンが合わないジャンルは下記。

・クラシック

・ジャズ

・ヒーリング系、ニューエイジ

・波の音などの自然音

 

要は、密閉型(音漏れしなさそうなやつ)で聴くような音楽は合うし、開放型(ちょっと音漏れしそうなやつ)で聴くような音楽は基本的に合いません。

そしてbeatsのラインナップは密閉型づくしなので必然と言えば必然です。

日ごろテレビから流れてくるような賑やかで楽しげな音楽を聴くなら、beatsヘッドホンはこの上なく頼もしいパートナーになってくれるでしょう。

 

まとめ 

 

そういう事情もあり、「高音質なヘッドホンでおすすめするなら絶対beatsを推します!」とも言い切れないところです。beatsヘッドホンのラインナップは高音質には間違いないのですが、聴く音楽ジャンルによって毒にも薬にもなります。

けれども、それはbeatsに限ったことではありませんし、そこがヘッドホン選びの最大の楽しみでもあるんですね。

 

低音ズンズン系の音楽を聴くなら絶対beatsが良いと思います。個人的にはBOSE(ボーズ)の低音よりもbeatsの方が断然好き。BOSEの音よりも味付け感が少ないですし、ナチュラルに響く印象があります。

 

なにはともあれ、あなたが最高のヘッドホンに巡り会えることをお祈りしています!

 

 

Sponsored Link

 - J-POP, ヘッドホン・イヤホン・スピーカー, 洋ロック , , , ,

Message

  関連記事

バンプの新アルバムButterflies(バタフライズ)の感想を。

バンプオブチキンのニューアルバム『Butterflies(バタフライズ)』がリリ …

洋楽アーティストが日本の邦楽曲をカヴァーしたらこうなった!

洋楽アーティストが日本の邦楽曲をカヴァーすることって実は結構多いです。この記事で …

「ぼくのりりっくのぼうよみ」が映画主題歌に!最新曲含めたPVをまとめてみた。

「ぼくりり」こと、ぼくのりりっくのぼうよみの新曲「Be Noble」が羽海野チカ …

サマソニなど夏フェスのアルバイトの感想とか服装についてなどを・・・

学生の方など、サマソニを始めとした夏フェスのアルバイトをやってみるか悩んでいる人 …

レベッカ 20年ぶり復活! 再結成と解散理由とは?

「ヴァージニティー」「フレンズ」「MOON」など、数え上げたらキリがない程多くの …

一青窈、ハナミズキの歌詞の意味に涙が!

一青窈さんの代表曲、『ハナミズキ』といえば ♪君と好きな人が百年続きますように、 …

BUMPのButterflysの隠しトラックも相変わらず神懸かってる件

BUMP OF CHICKENのニューアルバム『Butterflys(バタフライ …

RADWIMPSのアルバム人間開花の感想。収録曲やおすすめ曲は?

RADWIMPS(ラッドウィンプス)が満を持して新アルバム「人間開花」をリリース …

ミスチル桜井和寿とバンプ藤原基央、そして尾崎豊の共通点と相違点。

Mr.Childrenの桜井和寿とBUMP OF CHICKENの藤原基央、そし …

海外ホラー映画これはおすすめ! ローズマリーの赤ちゃん

今回ご紹介するおすすめ映画「ローズマリーの赤ちゃん」 ホラー映画として語られるこ …

FX業者