バンド演奏で映える卒業ソング。定番からマイナーまで!

卒業ソングをバンド演奏で歌いたい。そういう学生さんってきっと少なくないですよね?

今回の記事ではバンド演奏が映えるような卒業ソングを定番なものから定番じゃないマイナーなものまでピックアップしてみようと思います。

 

Sponsored Link

 

 

卒業哀歌/3B LAB.☆S(スリービーラボ)

 

元19(ジューク)の岡平健治さん率いるスリーピースバンド、3B LAB.☆S(スリービーラボ)『卒業哀歌』

卒業の歌らしいド直球な歌詞。

卒業式の雰囲気と重なることで一層、泣けるのではないでしょうか?

 

スピード感のあるパンクテイストな楽曲で
全編とおしてパワーコードが殆どだし、ギターソロもないので、バンド初心者さんでも演奏しやすいでしょう!ただ、ちょっとベースが歌い気味なのでベーシストは忙しいかも。笑

間奏後の英詞部をメンバー全員で合唱したりすると、それが見所のひとつになりそうです。

 

 

Sponsored Link

 

 

キラ キラ!/氣志團

氣志團らしさ全開の疾走感溢れるロックナンバーです。

ソロではタッピングも出てくるし、ギタリスト泣かせな楽曲ですが、その分キマれば最高に映えますね。ベースのフレーズもギターソロ後に相当動きます。ドラムと併せてリズム隊はハシらずモタらずリズムキープするのが大変そう。

卒業式の湿っぽさを一気に吹き飛ばして笑顔になれるゴキゲンな楽曲ですし、挑戦しがいがあると思いますよ!

 

 

 

AKB48/GIVE ME FIVE !

女性ボーカルの場合ならAKB48の『GIVE ME FIVE !』は何だかんだ鉄板。

卒業ソングとしても定番曲ですし、バンドとお客さんが一体となって合唱できそうですね。

サビ終わりに都度登場する『ハイタッチしよう!』 という前向きな歌詞が印象的な一曲です。

 

楽器隊の難易度もそこまで高くはないので取っ付きやすくはありますが、やっぱりどうせやるなら、ちゃんとホーン隊が欲しいところ。

なので早いうちから吹奏楽部の部員さんなどに協力してもらうようにお願いしておいた方がよさそうですね。

みんな知ってる曲だし、間違いなく盛り上がると思います!

 

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す