音鳴りどうし.biz

*

老けない、かっこいいだけじゃない!JIROのベースが上手い件。

      2017/11/15

「老けない」とか「かっこいい」「イケメン」とか、そういう評価がついて回るGLAYのJIROですが、

(まあ全部事実だし仕方ないけど。。。)

「それより何よりJIROちゃんはベースが上手い!」ってことをつらつら書いていきます。

 

Sponsored Link

 

GLAYのJIROは何故ベーシストから人気があるのか?

(画像引用元:https://relifenahibichocomintaji.com/

GLAYJIROといえば、独特のフレージングベースの弾き方でおなじみのベーシスト。

 

「GLAYが嫌い」と、楽器をやってる人や、バンドマンの人からは何故かバカにされがちなGLAYですが、

そんな彼らでさえ、「だけどJIROのベースは好き」と付け加えてしまうほどJIROちゃんは、ベーシストとして魅力があります。ある意味玄人向けのミュージシャンです。

 

以前の、JIROちゃん系の記事では主に、今までGLAYに関わってきた敏腕ミュージシャンがJIROちゃんのベースをどう評価しているか?

ってことについて重点的に書いてみましたが、今回の記事では、JIROちゃんの使用機材やベース奏法、フレージングについて書き殴ってみようと思います。

(楽器とか演奏しない人にとっては少しマニアックな記事になるかも・・・)

 

JIROのベースといえば「TOP DOG」

(画像引用元:http://www.rittor-music.co.jp/glay/mook.html 

GLAYのJIROといえば、「青いジャズベース」ってイメージを持ってる人は多いと思います。

事実、JIROちゃんのメインベースは「TOP DOG」の通称1号機。ブルーのジャズベタイプです。

「TOP DOG」は彼が絶大の信頼を置き、敬愛して止まない、故・佐久間正英さんの立ち上げたベースブランド。

 

・「GLAYが飛行機になっちゃった」レベルで彼らが社会現象として世間からもて囃されてる時期も、このベース。

HOWEVER誘惑Winter,againなどの佳局を連続してリリースしていた頃や、20万人を幕張メッセに動員した伝説のライブでも、このベース。

 

そして、今なお、本人使用のベースは色あせて、鮮やかなブルーから現在の色(緑茶色?)に変化してなお、

JIROの代名詞としてGLAYのキャリアとともに歴史を紡いできたベースです。

 

JIROちゃんと佐久間正英氏との最高傑作ともいえるベースが、この「TOP DOG」の通称1号機。

GLAYのパンチの効いたみぞおちを抉るようなドンシャリな低音は、この1号機から放たれているんですね。

 

受注生産品ということで、値段はそれなりに高いですが、JIROちゃんが体現してるとおり一生もののベースとして使えるのは間違いありません。

素敵な一本をお探しのベーシストさんは導入を検討してみても良いかもしれないですね。(意外にも楽天で売ってるようです。)

 

 

GLAYの低音を支える逆アングルピッキング

以前の記事にも書きましたが、GLAYのプロデューサーであって故・佐久間正英さんは生粋のベーシスト。

GLAYの楽曲制作のバックアップや編曲以外にも、いちベーシストとしてJIROちゃんを育てた人でもあります。

 

JIROちゃんのピックの握り方も、佐久間さん直伝。

ピックは通常、人差し指の側面と親指の腹で持つことが多いのですが、

そうすると、ピックとベースの弦に当たる角度はベースとピックとの位置関係上斜めになります。ガリガリと弦を引っ掻くイメージ。

 

これだと、ピッキング時にピックが弦に擦れるような形で当たります。

結果として音は細くなり、また擦れたノイズが音に混じります。ピック弾きを嫌うベーシストが多いのは、この音が細くなりがちなためだったりします。

 

Sponsored Link

 

対してJIROちゃんのピックの握り方は逆アングル。

ピックを人差し指と親指の腹で摘まむように持つとピックが左45度の角度で位置された持ち方になります。(三味線を弾くような感じですね)

 

この角度で弾くと、ピック弾きとは思えないような、音の太さを出すことが出来ます。指で弾いたときと比べても遜色ないほど。

これが、もう一つのGLAYの骨太サウンドの正体だったんですね。

 

逆アングルピッキングについては、佐久間正英さんがセミナー内で直々に詳しく解説されていました。

ベーシストは必聴のセミナーだと思います。

 

ベースとしての役割を担いつつ縦横無尽にうねり回るフレーズ

JIROちゃんがBUMP OF CHICKENのファンを公言していることは結構有名な逸話ですよね?バンプのライブにも、積極的に参戦しているようです。

(ちなみにTERUさんもかなりバンプが好きらしい。ミスチルの桜井さんといい、バンプ好きな大物って多いなあ・・・愉悦)

 

そんなJIROちゃんは、とりわけチャマのベースのフレージングを「おもしろいベースを弾く」と評価しています。

事実、JIROちゃんのベースのフレーズも良く動きます。煌びやかなメロディで、歌うようなベースを弾きますよね。

ただし、(チャマもそうですが)JIROちゃんのベースのフレーズは、闇雲に動き回っているだけではありません。

 

フレーズが動き回ってるけど、肝心のベースとしての役割を放棄したようなベーシストさんって多いですからね。

(なんか曲の間ずっとベースでギターソロ弾いてるみたいな人・・・)

 

JIROちゃんの場合は、あくまで「低音とリズムを担う」ベースとしての役割を果たしつつ、その上で確信犯的に音の隙間を埋めていきます。

このバランス感覚が非常に絶妙な塩梅。これが沢山のベーシストからプレイヤーとして、JIROちゃんが愛される最大の秘密かも知れません。

 

余談になりますが、これまた佐久間正英さんの指導の賜物な部分が大きいそうです。

 

GLAYがグロリアスをリリースした頃、「JIRO君、このままだと(動く”だけ”のベースを弾くベーシストのままだと)ベーシストとして危ない方向へ行くよ?」

そうJIROちゃんにアドバイスしたのも佐久間さんとのこと。

私的には、グロリアスの「やんちゃ」なベースラインもそれはそれで好きですが。笑

 

そういえばこれも余談ですが・・・

チャマもJIROちゃんも、音楽のルーツはUKやUSのパンクロックにありますが、やはりそういう共通点から、何か通じるものがあるのでしょうか?

 

まとめ

(画像引用元:https://ameblo.jp/xjapanhide/

他にも書きたいことが山ほどありますが、この調子で書き続けると文字数がゆうに10万文字を越えてしまいそうですので、笑

(あと、話しがバンドマン向けで胃もたれ起こす人もいそうなので・・・)

ひとまず、この記事はこのあたりで締めたいと思います。また稿をあらためて書きます!

 

とはいえ、ここまでで「JIROがベーシストとして如何に優れているか」は何となく確信頂けたのではないか?と思います。

 

何より凄いというか恐ろしいのは、JIROちゃんのベースの腕前がまだまだ進化し続けているという事実。

結論としては「GLAYのJIROはベースが上手い!」ですが、それ以上に、これからのJIROちゃんの成長と活躍が楽しみでなりません。。。

 

関連記事↓

「GLAYのJIROはベースが上手い」理由と証言。

 

Sponsored Link

 - V系, バンド演奏にもピッタリ, 邦ロック , ,

  関連記事

ゴールデンボンバーが人気な理由が分かった代々木のライブ。

エアーバンド、金爆こと『ゴールデンボンバー』のライブを観に、先日、国立代々木競技 …

藤くんとチャマの壮絶バトル!

藤くんとチャマの壮絶なバトルを存分に堪能できる一枚。 それが、2004年にリリー …

『宝石になった日』の感想や歌詞の解釈、意味についての考察

BUMP OF CHICKENの新アルバム『Butterflies(バタフライズ …

椎名林檎が楽曲提供した人は?これから楽曲提供したい人とは?

椎名林檎が今まで楽曲を提供した人は誰か? 椎名林檎個人と、東京事変でも作家として …

東京スカパラダイスオーケストラの好きなコラボ曲を集めてみた。

デビュー25週年を迎えた『東京スカパラダイスオーケストラ』 2001年8月に歌モ …

ミッシェルガンエレファントが解散した理由、原因は何だったのか?

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT(ミッシェルガンエレファント …

イエモン復活?!サル年のタイミングで再結成となるのか?

2004年7月7日七夕様の日に解散したTHE YELLOW MONKEY(ザ イ …

アルカラは変拍子な曲調がたまらなく心地良いロックバンドである。

ここ最近になって、邦楽洋楽色んなジャンルを聴くようになったのですが、自分の中で心 …

キュウソネコカミの『ビビった』の歌詞にビビった件

キュウソネコカミの歌詞っていちいち面白いよね。ねらーやコミュ障を自覚している人は …

ギター初心者がYUIを弾くなら、どの曲がオススメか?

YUIを弾き語りしながら歌いたいってギター初心者さんは多いと思います。ギター初心 …

FX業者