音鳴りどうし.biz

*

スピッツの演奏技術は異常なほど高い・・・のか?

      2016/07/10

「スピッツは演奏力が非常に高いバンド」という話題が、ファンの間やネットなどで取り上げられる機会が多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?

彼らの『演奏技術』についてちょっくら語ってみることにします。

 

Sponsored Link

 

 

洋楽しか聴かない人も”スピッツなら聴く”理由

spitz01(画像引用:http://shyglance.web.fc2.com/

 

スピッツといえば『チェリー』『ロビンソン』のようなポップな名曲を多く所有するバンドですし、歌も歌詞も超爽やかなJ-POPバンドと認識しているお茶の間の方も多いようです。典型的なカラオケで歌うとウケそうなバンドというか。

しかし一方で、ふだん「洋楽しか聴かない」とかのたまう音楽通な方々が、「・・・あ、いや邦楽でもスピッツは好きだ」なんて踵を返すほど、こだわりあるロックファンから一定以上の高い評価を得ているのも事実。

そして、スピッツを好んで聴く音楽通は異口同音に、スピッツを好きな理由についてこう話します。「だって、スピッツって演奏めちゃくちゃ上手いんだもん」と。

 

スピッツメンバーが愛してやまない音楽、HR/HM

草野さんの甘く透き通るミックスボイスは、スピッツをスピッツたらしめる最大の強みですが、以前雑誌のインタビューで彼はこう語ったことがあります。

超ハードな曲もやりたいけど、俺の声にはラードが足りない」

ファンの方には常識のことですが、草野さんは超ロックな曲がやりたいほど、実はヘヴィーメタルやハードロックが好きです。というか、草野さんだけじゃなく、スピッツのメンバー全員が生粋のメタラー

 

・・・そういえば、以前ミュージックステーション(Mステ)でスピッツとBABYMETALが共演した際、スピッツの草野さんが「 ド・キ・ド・キ モーニングって曲がイイです・・・」とややはにかみながら語っていたのは印象的でした。

そして出演者用の席が近いベビメタメンバーと、体が触れ合わないように体をのけぞらせる草野さんの気遣いに「カワイイ!」って声が続出していましたね。笑

 

スピッツの『演奏技術』の高さは異常

そんなわけでメンバー全員が生粋のメタル好きでもあるスピッツですが、やはりその特徴は楽曲内に顕著に反映されています。

 

・ギャリギャリな高音で、テクニカルかつスピーディーなソロを弾くギタリスト。

・本当に人間なのか?と錯覚するほど、硬質でタイトなリズムを刻むドラマー。

・ルート弾きを基調としつつ、ここぞというときに”イナタイ”フレーズを連発するベーシスト。

どう考えてもメタルバンドのそれです本当にありがとうございました。

 

タイトで硬質で技巧派

 

 

多くのメタルバンドやハードロックバンドの特徴ですが、彼らって『音程やリズムが超正確』なんですよね。他ジャンルのロックによく見られるルーズさが殆どありません。

どこまでもタイト。そしてギターのチョーキングなど音程がピーンと正確です。音程は全てのパートが硬質なことが多く、何よりも手数が多い。

手数が多くて、リズムも音程も正確なら、楽典的に『演奏が上手い』とされる条件を充分に満たすことになります。そして、スピッツもご他聞に漏れずそういった特長を持っているので、彼らが演奏が上手いのは確定ですね。

 

・・・というか、

楽典的でもそうでなくても、スピッツは間違いなく演奏上手いです。メタラー特有の高い演奏技術を持ちながら、通常メタルバンドではなかなか出しづらい『横のグルーヴ感』(グワングワンと揺さぶられて心地よいノリ)まで兼ね添えているんですから。

横のグルーヴ感って、言葉では説明しづらいし楽譜に記載できるものではありませんが、演奏が上手いバンドにしか体現できないんですよね・・・。

 

スピッツの『◯作り』へのこだわりは異常

前述したように、メタルやハードロックを嗜好するバンドマンの特徴として、

「アンタ指何本生えてるの!?」と驚愕するようなギタリストのソロや、「アンタなんでそれやって手足折れないの!?」と驚愕するようなドラマーのブラストビートなど、高い演奏技術を有している場合が極端に多いことがあります。

多くの音楽通がスピッツを愛して止まないのは、ハードロックやメタルなどの造詣に長けた、彼らの演奏スキルが超高いから!というのが大きな要因の一つだというのは先に書いたとおりです。

 

・・・が!!!

スピッツの本当に恐ろしいところって、それだけじゃないんですね。

 

Sponsored Link

 

メタラー(ひいてはスピッツ)が本当に凄いのは、その『カンペキ過ぎる音色』へのこだわりです。

 

『メタラー』と『にわか』の見分け方

何ならスタジオに籠っている時間の大半を、(場合によっては実際に演奏して音を合わせている時間以上に)アンプやエフェクターのツマミをいじくることに費やす。それがメタラーって人種なのです。

ちょっと適当に『歪みっぽい音』とか『クリーンっぽい音』とかで妥協しません。音色について妥協しないのは、そりゃあミュージシャンとしては当たり前のことですが、いくら何でもメタラーは、音色への『こだわり』が異常です・・・。

(もしあなたの周りに速弾がめちゃくちゃ得意だけど、アンプのつまみいじりは適当に済ますってギタリストがいたら、そいつはメタラーじゃありません。にわかだと思って結構)

 

『8823』と『夢追い虫』

たとえばスピッツのライブの定番曲でもある『8823』。この曲のイントロだけでも聴いてみて下さい。

骨太なサウンドに定評のあるレスポールギターで、ここまで歯切れの良いカッティングを刻むことのできるギタリストって多くありません。だってレスポールってもともと、歯切れの良いカッティングよりかは、ズンズンと重たいリフを刻むのに適したギターですからね。

このギターの音色なんて、ギターとアンプとエフェクターのつまみを散々いじくり倒して、その特徴を押さえてなきゃ作れないですよ。ええ。

 

続いて、「スピッツが真のロックバンドとして覚醒した」とファンの間で定評のある名曲、『夢追い虫』

ああ・・・。なにこの小気味の良いベースラインは。

もちろんベーシストの田村さんのテクニックに裏打ちされたベースラインの素晴らしさなのは言うまでもありません。

でも、指使いだけじゃこんな艶やかな音色は作れません。どう考えても。これまた何度も何度も長い時間、愛器のツマミとにらめっこしている光景が目に浮かぶようです。

 

このカンペキな音質こそ、高い演奏力の他に、スピッツが(ある意味)狂ってると思える特徴の一つだと言えます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

高い演奏技術と、徹底的な音質への『こだわり』という観点からお話しをさせて頂きました。結論として、『スピッツってすごい(小並感)』といったところです。

どこまでもストイックに自らの音楽を追求し続けるスピッツ。まだまだ彼らの行動から目が離せそうにないですね。

 

【記事:ポン酢中毒】

 

 

 

Sponsored Link

 - J-POP, J-ROCK, バンド演奏にもピッタリ , , , ,

  関連記事

バックナンバー月9主題歌「クリスマスソング」なぜこんなに心に残るのか。

月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん』のエンディングで流れ、多くの人が耳にし …

ゆずの岩沢厚治は天才!?それなら北川悠仁はどうなの??

ゆずの岩沢厚治は天才なのか!?北川悠仁はどうなのか??そんなことが自称音楽ファン …

クリスマスの約束2014はなぜ総編集だったのか?その真相とは?

小田和正さんが主演を勤める人気番組、『クリ約』ことクリスマスの約束。 放送日が1 …

J-POPの歌詞にありがちなフレーズ一覧

J-POPの歌詞にありがちなフレーズを一覧にしてまとめてみました。   …

星野源、aikoと復活か?FNS歌謡祭で見せた謎の「同じ動き」

2016年は星野源にとって当たり年ではないでしょうか。 大河ドラマ初出演となる「 …

イエモン再結成ライブ初日一曲目に演奏するのは『スパーク』か?

2016年年明けに発表された『THE YELLOW MONKEY』(ザ・イエロー …

BUMPのButterflysの隠しトラックも相変わらず神懸かってる件

BUMP OF CHICKENのニューアルバム『Butterflys(バタフライ …

「あの歌詞も実体験から?」実話をもとに作られた名曲たち

日本には数多くの優れた名曲がありますが、その中で『アーティスト本人の実体験』をも …

『大我慢大会』の歌詞から解釈できるバンプの進化と深化

バンプオブチキンの最新アルバム『Butterflies(バタフライズ)』に収録さ …

beats(ビーツ)ヘッドホンの音質や特徴ってどうなの?

最近人気が絶好調な、beats(ビーツ)のヘッドホンがオススメとされる理由は何な …

FX業者